岡部 磨知


3歳よりバイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て、同大学卒業、研究科修了。
在学中より、演奏からモデルの仕事まで幅広く活動を始める。
その後、DragonAsh,hitomi,soundhorizon、AAA、西野カナ、河村隆一、熊木杏里、他、
様々なアーティストのライブ、レコーディング、イベントにソリスト、アレンジャーとして参加。
自らの楽曲を提供したhouseアルバム、『pianodance』は、発売以来、itunesダンスチャートで、連続して1位を獲得。
第二弾アルバム『pianodance2』では、coldplayのviva la vidaを弦アレンジ&カバーして話題となる。
これまでに三枚のオリジナルアルバム、『sweet devil』『Candy girl』『Elpio』をリリース。
アルバム「Neo Nostalgia」でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。
大阪交響楽団、アンサンブル金沢と共演。